【ベルリン、ブリュッセル時事】欧州西部を襲った洪水で、死者は17日朝(日本時間同日午後)までに、ドイツが133人、ベルギーが少なくとも24人と計150人を超えた。特にドイツでは「100年ぶりの気象災害だ」(被災地ノルトライン・ウェストファーレン州のラシェット首相)と未曽有の危機が叫ばれ、救助活動が急がれている。 
〔写真説明〕16日、ドイツ西部ノルトライン・ウェストファーレン州エルフトシュタットの洪水被災地(AFP時事)
〔写真説明〕15日、ベルギー東部ベルビエで、洪水により環状交差点に積み上がった車(AFP時事)

(ニュース提供元:時事通信社)