日本列島は17日、四国や九州で大雨になる所があった一方、それ以外は太平洋高気圧に覆われて晴れた。気象庁は近畿と東海の梅雨明けを発表。35度以上の猛暑になる所が相次ぎ、福島市で今年全国最高の36.5度を観測したほか、山梨県甲州市で36.4度、北海道置戸町で36.1度になった。18日も暑さが続くとみられ、熱中症に十分注意が必要。
 17日に30度以上の真夏日になった所は全国観測点の6割を超え、猛暑日の所は今年最多の40地点(午後4時時点)に上った。主要都市の最高気温は東京都心(千代田区)32.6度、名古屋33.1度、大阪33.4度、福岡30.1度。
 四国と九州では18日にかけ、激しい雨や突風、落雷の恐れがある。18日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、四国250ミリ、九州北部150ミリ。 

(ニュース提供元:時事通信社)