日本列島は19日も太平洋高気圧に覆われて晴れ、午前中から35度以上の猛暑日になる所が相次いだ。気象庁によると、正午までに茨城県大子町で36.1度、福島市と群馬県桐生市で35.9度、福井県小浜市で35.7度、兵庫県豊岡市で35.6度を観測した。
 気象庁と環境省は、東京都や愛知県を含む東北から四国にかけての大半の都府県のほか、沖縄県八重山地方について、熱中症警戒アラートを発表した。冷房を適切に使い、こまめに水分を取るよう呼び掛けている。 
〔写真説明〕気象庁が入居するビル(東京都港区)

(ニュース提供元:時事通信社)