厚生労働省の専門部会は19日、米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンの接種対象年齢を、現行の18歳以上から12歳以上に引き下げることを了承した。近く添付文書が改訂され正式に認められる見通しで、別の専門部会で12~17歳を公的接種の対象に含めるかどうかを議論する。
 ファイザー製ワクチンについては、5月に対象年齢が12歳以上に引き下げられ、公的接種の対象として加えられている。
 モデルナ社は米国の12~17歳の約3700人を対象にした臨床試験(治験)で、有効性と安全性を確認。追加のデータを同省に提出しており、専門部会は問題ないと判断した。 

(ニュース提供元:時事通信社)