【ワシントン時事】サキ米大統領報道官は19日の記者会見で、中国発のサイバー攻撃について「(攻撃を非難する)公の発言だけでなく、実際に行動することになる」と述べ、制裁や対抗措置も辞さない姿勢を示して警告した。米政府は既に、ロシア発のサイバー攻撃に制裁を発動しているが、サキ氏は米国が措置を講じる上で、中ロを区別することはないと強調した。
 バイデン大統領は記者団に、対中制裁に関し「(サイバー攻撃の)事実関係を調査中だ」と説明。中ロのサイバー攻撃の違いについて「中国政府はロシア政府と異なり、自分たちで(攻撃を)仕掛けるのではなく、実行犯を守り、恐らく便宜を図っている」と語った。 

(ニュース提供元:時事通信社)