静岡県熱海市で起きた土石流災害で、国土交通省中部地方整備局は21日、二次災害を防ぐため、盛り土の崩落起点に土砂の動きなどを観測する全地球測位システム(GPS)装置を設置した。
 GPS装置は4カ所程度に設置され、土砂に動きがあれば、警報システムが作動して県などに通報する仕組み。土石流が駆け下った逢初川の上流部には、土砂などの通過を検知するワイヤセンサーも置かれた。 
〔写真説明〕静岡県熱海市の土石流災害の崩落地点に設置された全地球測位システム(GPS)装置=21日午前、同県熱海市

(ニュース提供元:時事通信社)