強い台風6号は21日夜、沖縄本島の南西海上を西へ進んだ。22日から23日に先島諸島に接近し、一時は非常に強い勢力になる見込み。台風の動きが遅く、影響が長引くため、気象庁は暴風や高波に厳重に警戒するよう呼び掛けている。大雨となり土砂災害や低地の浸水、河川の氾濫が起きる恐れもある。
 沖縄で予想される最大瞬間風速は22日が60メートル、23日は55~70メートル。22~23日の波の高さは11メートル。猛烈な風やしけになるため、早めの安全確保が必要。
 23日午前0時までの24時間雨量は多い所で200ミリと予想され、その後24日午前0時までと25日午前0時までの24時間雨量はそれぞれ200~300ミリと、増える見込み。
 6号は21日午後10時、宮古島の南東約160キロの海上をゆっくりと西南西へ進んだ。中心気圧は965ヘクトパスカル、最大風速40メートル、最大瞬間風速55メートル。半径130キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、北側600キロ以内と南側390キロ以内が風速15メートル以上の強風域。 

(ニュース提供元:時事通信社)