三菱電機は21日、安全認証に適合しない製品約14万台を国内外に出荷していたことが新たに判明したと発表した。過剰な電流を遮断・制御するための製品で、名古屋製作所可児工場(岐阜県可児市)で製造された。三菱電は今年5月にも、同工場で安全認証を満たさない別の製品を計約215万台出荷したと発表している。
 製品は、米国の第三者安全科学機関が認証したものとは異なる素材を使用し、2013年4月から21年4月まで製造されていた。現在は生産を取りやめ、納入先には個別に説明しているという。
 同社は現時点で事故の報告はなく、機能や安全性に問題はないと説明。「多大なご迷惑とご心配をお掛けしていることを改めて深くおわびする」とコメントした。 

(ニュース提供元:時事通信社)