東京都は24日、新たに1128人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。1000人を超えたのは5日連続だが、連休で検査数が少なかったこともあり、1週間前の土曜日と比べ282人減少した。前週の同じ曜日を下回るのは6月19日以来。
 都によると、新規感染者数の直近1週間平均は1345.7人で前週比133%。都基準による重症者は74人で、前日から6人増えた。新規感染者を年代別に見ると、20代が380人と最多で、30代251人、40代167人、50代115人と続き、若い年代が目立っている。
 国内では24日、都を含め、新たに3574人の感染が確認された。都に次いで神奈川県547人、埼玉県345人、千葉県301人、大阪府283人などと続いており、東京五輪の会場がある首都圏で感染が拡大している。死者は8人。重症者は前日比5人増の436人だった。 

(ニュース提供元:時事通信社)