大型の台風8号は25日、日本列島から東へ離れた海上を北上した。27日に関東か東北南部に接近、上陸した後、28日朝にかけて日本海側へ横断する恐れがある。暴風や高波、大雨が予想され、気象庁は早めに備え、警戒するよう呼び掛けた。交通への影響にも注意が必要。
 関東甲信と東北で27日までに予想される最大瞬間風速は25~35メートル。27日の波の高さは6メートル。27日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、東北100~200ミリ、関東甲信100~150ミリ。
 8号は25日午後9時、日本の東海上を時速20キロで北北西へ進んだ。中心気圧は992ヘクトパスカル、最大風速20メートル、最大瞬間風速30メートル。南東側700キロ以内と北西側390キロ以内が風速15メートル以上の強風域。
 一方、大型の台風6号は東シナ海を北上し、中国大陸に上陸した。強い勢力ではなくなった。 

(ニュース提供元:時事通信社)