台風8号は26日夜、関東から東へ離れた海上をほぼ西へ進んだ。27日夕方に東北地方や茨城県に接近し、上陸する可能性が高いとみられ、気象庁は大雨や暴風、高波に警戒するよう呼び掛けた。8号はその後東北を縦断し、28日には日本海側に出て温帯低気圧に変わる見込み。
 8号は26日午後6時、関東の東海上を時速30キロで西北西へ進んだ。中心気圧は992ヘクトパスカル、最大風速20メートル、最大瞬間風速30メートル。東側600キロ以内と西側390キロ以内が風速15メートル以上の強風域。
 東北を中心に雨量が多くなり、土砂災害や低地の浸水が起きたり、河川が増水したりする恐れがある。発達した積乱雲が近づいた場合は激しい雨や落雷、突風が予想され、建物内に避難するなど安全確保が必要。
 27日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、東北150ミリ、関東甲信120ミリ、北陸100ミリ。その後、28日午後6時までの同雨量は東北100~200ミリ、関東甲信と北陸で50~100ミリ。
 東北と関東甲信の27日の最大瞬間風速は30メートル、海上の波の高さは6メートルと予想される。 

(ニュース提供元:時事通信社)