台風8号は27日夜、茨城県東方沖を北上した。28日午前に岩手県南部か宮城県北部に接近、上陸する見込み。気象庁は大雨や暴風、高波に警戒するよう呼び掛けた。8号は上陸後、秋田県を横断して日本海へ出た後、28日夜までに温帯低気圧に変わると予想される。
 気象庁の1951年の統計開始以来、台風が東北地方に太平洋側から上陸したのは、2016年8月に台風10号が岩手県大船渡市付近に上陸したのが最初。今回上陸すれば2例目となる。
 28日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、東北180ミリ、関東甲信と北陸80ミリ。東北と関東で28日にかけて予想される最大瞬間風速は30メートル。波の高さは東北6メートル、関東5メートルの見込み。
 8号は27日午後9時、水戸市の東約170キロの海上を時速15キロで北へ進んだ。中心気圧は990ヘクトパスカル、最大風速20メートル、最大瞬間風速30メートル。北側500キロ以内と南側390キロ以内が風速15メートル以上の強風域。 

(ニュース提供元:時事通信社)