【シドニー時事】オーストラリア東部ニューサウスウェールズ州は28日、新型コロナウイルスの感染抑制のために同国最大都市シドニーで実施しているロックダウン(都市封鎖)を、8月28日午前0時すぎまで約1カ月延長すると発表した。感染力が強いインド由来のデルタ株を抑え込めず、6月下旬に導入された外出規制などの措置が長期化する。
 州がこの日公表した1日当たりの新規感染者は177人と6月に始まった今回の感染の波で最多となった。州内でワクチン接種を終えた16歳以上の人は16%強にとどまっており、接種の加速が課題となっている。ベレジクリアン州首相は声明で「接種をしていない人はできる限り早期に接種を手配するように」と呼び掛けた。 

(ニュース提供元:時事通信社)