【シリコンバレー時事】米グーグルは28日、新型コロナウイルスの世界的な流行で見合わせている従業員らのオフィスへの出社について、再開時期を10月18日に延期すると明らかにした。当初は9月を予定していたが、足元で感染が再拡大していることを踏まえ、変更した。出社に当たっては、原則としてコロナワクチンの接種を求める。
 巨大IT企業では、米アップルもオフィスの再開を10月に延期すると米ブルームバーグ通信が報じており、こうした対応は他の企業にも広がる可能性がある。 

(ニュース提供元:時事通信社)