東日本と東北では29日も大気の不安定な状態が続き、福井、静岡両県の一部では明け方から朝にかけて猛烈な雨が降った。気象庁は30日にかけ、局地的な大雨による土砂災害や低地の浸水、河川の増水に警戒し、落雷や突風、ひょうに注意するよう呼び掛けた。
 福井県では午前5時台から8時台にかけ、1時間雨量が80~100ミリとの記録的短時間大雨情報が福井市と越前町、鯖江市で相次いで発表された。静岡県菊川市付近では午前5時10分までの1時間雨量が約110ミリとの同情報が出された。
 大気の不安定な状態は、台風8号から変わった日本海の低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込む一方、上空に寒気が入っているのが要因。
 30日正午までの24時間予想雨量は多い所で、北陸と関東甲信100ミリ、東北80ミリ。その後、北陸と関東甲信、東北では31日正午までの同雨量が50~100ミリ。 

(ニュース提供元:時事通信社)