国内の新型コロナウイルス感染者は30日、1万744人が新たに確認された。1日当たりの感染者数は2日連続で1万人を超え、3日連続で過去最多を更新した。死者は9人。重症者数は626人で、前日から87人増えた。
 神奈川県(1418人)では3日続けて最多を更新。千葉(753人)、茨城(222人)、鳥取(47人)各県でも最多となり、首都圏を中心に感染拡大が顕著となっている。
 東京都では、新たに3300人の感染が確認された。新規感染者が3000人を上回るのは3日連続。1週間前の金曜日(1359人)の倍以上で、感染拡大傾向が続いている。
 都によると、新規感染者の直近1週間平均は2501.4人で、前週比80.5%増。30日に確認されたのは、年代別では20代が1208人で最も多く、30代725人、40代515人、50代324人と続いた。65歳以上は82人。都基準の重症者は88人で、前日より7人多い。 
〔写真説明〕新型コロナウイルスワクチン接種の自衛隊大規模接種センターで、接種を待つ人たち=6月17日、東京都千代田区

(ニュース提供元:時事通信社)