【ロンドン、エルサレム時事】中東オマーン沖を航行していた石油タンカーが29日、何者かに襲撃され、英国とルーマニア人の乗組員2人が死亡した。船は日本企業所有という。運航する英国拠点のイスラエル系企業「ゾディアック・マリタイム」が30日明らかにした。イスラエルのラピド外相は、同国と敵対するイランの関与を主張した。日本人が巻き込まれたとの情報はない。
 運航会社は、海賊事件の疑いがあると説明しているが、イスラエルのメディアは「イランがドローンを使って襲撃した」と報道。ラピド氏は声明で「世界はイランのテロに沈黙してはならない」と指摘し、ラーブ英外相に対して「断固とした対応」が必要だと伝えたと明らかにした。米国防総省当局者も「ドローンによる攻撃のようだ」と指摘した。
 運航会社によると、船はタンザニアからアラブ首長国連邦(UAE)東部の港に向かう途中で、積み荷はなかった。船は乗組員が制御し、米海軍の護衛で「安全な場所」に移動したという。 

(ニュース提供元:時事通信社)