河野太郎規制改革担当相は31日夜のインターネット番組で、新型コロナウイルスワクチンをめぐり、「ブースター」と呼ばれる3回目の接種について「おそらく来年になると思う」との見通しを示した。米ファイザー製と米モデルナ製の両方が対象になるとし、必要量の確保に取り組む考えを強調した。
 一方、河野氏は「(インド由来の)デルタ株の感染拡大をワクチンだけでどうにかするのは、なかなか厳しい」とも指摘。マスク着用や手洗いなど基本的な感染対策の徹底を訴えた。 

(ニュース提供元:時事通信社)