日本列島は1日、北海道北西部や東日本(関東甲信と東海、北陸)、西日本を中心に35度以上の猛暑日になる所が多かった。埼玉県熊谷市で36.6度、北海道小平町や広島県三次市、愛媛県大洲市などで36.1度を観測。気象庁は東日本では6日ごろまで高気圧に覆われて高温が続き、猛暑日になる所があるとして、熱中症を防ぐよう呼び掛けた。
 一方、各地で大気の状態が不安定になり、局地的に大雨となった。1日午前には佐賀県唐津市と山形県鶴岡市、午後には福島県須賀川市や長野県飯田市で、1時間雨量が100~110ミリとの記録的短時間大雨情報が相次いで出された。土砂災害や低地の浸水、河川の増水に警戒し、突風や落雷、ひょうに注意する必要があるという。 

(ニュース提供元:時事通信社)