【北京時事】新華社電によると、中国河南省政府は2日、7月の記録的な大雨により302人が死亡し、50人が行方不明になっていると発表した。1453万人が被災し、直接的な経済損失は1142億元(約1兆9400億円)に上るという。
 被害が最も大きかった省都・鄭州市では、観測史上最大の豪雨を記録した7月20日に、冠水した地下鉄やトンネルから逃げ遅れた市民が犠牲になり、運行停止などの措置を取らなかった地元当局に批判が出ている。これを受け、中国国務院(内閣に相当)は2日、災害対応を検証する調査チームを鄭州に派遣すると発表した。 

(ニュース提供元:時事通信社)