日本列島は3日、太平洋高気圧の影響で北海道や東北、北陸、山陰を中心に35度以上の猛暑日になる所が多かった。気象庁によると、新潟県では南や東からの風が山を越えた際に温度が上がるフェーン現象が起きたとみられ、三条市で39.1度を観測。今夏では全国最高気温を更新し、初めて39度台となった。
 新潟県長岡市の観測点「寺泊」は38.8度、同「長岡」は38.2度、新潟市秋葉区は38.1度を観測。山形市は37.5度になった。
 4日も猛暑日になる所が多く、東北地方から九州の大半の都府県に熱中症警戒アラートが出された。東京都心(千代田区)は今夏初の猛暑日になる可能性がある。気象庁は冷房を適切に使い、水分を補給するなどして熱中症を防ぐよう呼び掛けている。 
〔写真説明〕気象庁が入るビル(東京都港区)

(ニュース提供元:時事通信社)