三越伊勢丹ホールディングスは4日、東京・新宿にある旗艦店、伊勢丹新宿店で、7月28日以降に88人の従業員らの新型コロナウイルス感染が判明したことを明らかにした。現在、地下食品売り場の一部を休業している。
 同社によると、感染が分かったのは洋菓子や総菜のエリアにある店の従業員ら。近接する店も含め、15店が営業を中止している。周辺の店の従業員らに対し、PCR検査を実施しているという。 

(ニュース提供元:時事通信社)