自民党の下村博文政調会長は4日のBSフジの番組で、ロックダウン(都市封鎖)を可能にする法整備をめぐり菅義偉首相が「日本になじまない」と述べたことについて「なじまないから議論しないでいいとはならない。どれぐらいデルタ株の感染が拡大するかによっては、より強制力を伴った法改正を議論していくのは当然だ」と語った。
 下村氏は「監獄のような都市封鎖ではなく、個人の外出禁止令という意味でのロックダウンはあり得る」と強調した。 

(ニュース提供元:時事通信社)