沖縄本島の西方海上にある熱帯低気圧は5日午前、ゆっくりと北上した。気象庁は近く台風に発達すると予想しており、7日に四国沖を経て8日に伊豆諸島付近に進む見込み。北寄りに進んだ場合は東海や関東に接近し、荒天になる恐れがある。
 同庁は沖縄と奄美地方では強風や高波、大雨に注意するよう呼び掛けた。6日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で、沖縄150ミリ、奄美100ミリ。6日にかけての最大瞬間風速は25メートル、波の高さは5メートルの見込み。 

(ニュース提供元:時事通信社)