台風9号は8日午後、九州南部付近を北上し、午後8時すぎに鹿児島県枕崎市付近に上陸した。今後中国地方に向けて進む見通しで、気象庁は大雨や暴風、高波に警戒を呼び掛けた。一方、10号は千葉県銚子市の沖合を北東へ進み、次第に東へ遠ざかる見込み。
 関東地方は8日午前を中心に大雨となった。九州も昼ごろから雨脚が強まり、宮崎県延岡市では午後8時15分ごろまでの1時間に84.5ミリの猛烈な雨が降った。
 9号は9日には日本海で温帯低気圧に変わる予想だが、北・東日本でも大雨になる恐れがある。
 10日午前0時までの24時間予想雨量は多い所で、東海300ミリ、近畿と四国250ミリ、中国200ミリ、関東甲信と九州北部150ミリ、北陸120ミリ、北海道と東北100ミリ、九州南部80ミリ。その後、11日午前0時までの同雨量は北海道と北陸、東海100~200ミリ、東北100~150ミリ、関東甲信50~100ミリ。
 9日にかけて予想される最大瞬間風速は北陸と近畿35メートル、北海道と東北、関東甲信、東海、中国、四国、九州北部・南部30メートル。波の高さは関東甲信と東海、近畿、四国6メートル、北海道と東北、北陸、中国、九州北部・南部、奄美5メートル。
 9号は9日午前0時、宮崎県延岡市付近を時速50キロで北東へ進んだ。中心気圧は988ヘクトパスカル、最大風速20メートル、最大瞬間風速30メートル。南東側560キロ以内と北西側330キロ以内が風速15メートル以上の強風域。
 10号は、日本の東海上を時速30キロで北東へ進んだ。中心気圧は980ヘクトパスカル、最大風速23メートル、最大瞬間風速35メートル。南東側440キロ以内と北西側220キロ以内が強風域。 

(ニュース提供元:時事通信社)