台風9号から変わった低気圧が東北地方を通過した影響で、10日は北海道や東北で風雨が強まり、青森県などで大雨になった。低気圧は東方へ遠ざかるものの、気象庁はこれまでの大雨で地盤が緩んでいる所があるとして、11日にかけて土砂災害に厳重に警戒するよう呼び掛けた。暴風や高波にも警戒が必要。
 青森県の一部地域では住宅の浸水が起き、土砂崩れや橋の崩落により孤立が発生した。県は被害が大きいむつ市、七戸町、風間浦村に災害救助法の適用を決め、陸上自衛隊に災害派遣を要請。人的被害や建物被害の確認を進めている。
 青森県では平内町で10日午前9時20分までの12時間雨量が147.0ミリを観測。七戸町の一部には一時、最も高い警戒レベルの「緊急安全確保」が発令された。北海道函館市(戸井泊)では午前8時40分までの同雨量が264.5ミリに上った。
 11日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、北海道80ミリ、北陸70ミリ。11日に予想される北海道の最大瞬間風速は35メートル。波の高さは北海道8メートル、東北5メートルの見込み。 
〔写真説明〕気象庁が入居するビル(東京都港区)

(ニュース提供元:時事通信社)