京都、兵庫両府県は11日、新型コロナウイルスの感染急拡大を受けて、緊急事態宣言の発令を国に要請する方向で検討に入った。両府県は12日にも対策本部会議をそれぞれ開き、対応を協議する。
 京都府の西脇隆俊知事は11日、府庁で記者団に「緊急事態宣言の発出の要請はせざるを得ないのではないか」と発言。兵庫県の斎藤元彦知事も西宮市内で記者団に対し、「緊急事態宣言の要請も含めて検討したい」と述べた。
 関西では、大阪府に宣言が発令されている。 

(ニュース提供元:時事通信社)