青森・八戸港付近で貨物船が座礁した事故で、船主を傘下に持つ洞雲汽船(愛媛県今治市)は13日、船体の分断で損傷した燃料タンクから漏れ出る重油の量が最大282トンに上る可能性があると発表した。同社の大河内亮介専務は同日のオンライン記者会見で「多くの関係者に多大なる迷惑、心配を掛け、おわびする」と謝罪した。 

(ニュース提供元:時事通信社)