【ニューデリー時事】アフガニスタンの反政府勢力タリバンが15日、首都カブールへ進軍し、ガニ大統領は国外に脱出した。ガニ氏はフェイスブックに投稿、流血を避けるため出国したと説明、「タリバンが勝利した」と述べ、タリバンの政権掌握を認めた。AFP通信などが伝えた。
 2001年の米英軍による攻撃を機に成立した民主政権は崩壊、アフガン情勢は重大な局面を迎えた。
 タリバンは戦闘員をカブール市外で待機させた後、ガニ氏の脱出を受けて、市内への突入を指示した。地元メディアなどによれば、タリバンは大統領府を掌握、ガニ氏はタジキスタンに逃れたとみられている。
 タリバンは先に、孤立している首都の包囲を狭め、ガニ氏に権力を移譲するよう圧力を強化。ミルザクワル内相代行は「暫定政府への権力移譲が平和裏に行われる」と表明していた。
 カブール市内について、地元記者は電話取材に「15日になって電話が通じにくくなった。(日曜が平日のアフガンで)銀行も緊急休業した」と証言した。住民が避難するための現金も引き出せない状態という。
 タリバンの進軍に先立ち、米国防総省は、大使館員の退避支援のためカブールに軍を増派すると発表。ロイター通信によると、15日にはヘリコプターで退避が始まった。米国のほか、カナダ、ドイツなども大使館職員の国外退避を進めている。
 タリバンは14日、北部バルフ州の州都である要衝マザリシャリフを制圧。政府側は東部ジャララバードも15日に失った。連日の州都陥落により、全34州都の大半がタリバンの手に落ちていた。 

(ニュース提供元:時事通信社)