菅義偉首相は16日、新型コロナウイルス感染者の宿泊療養施設として使用されている東京都内のホテルを視察した。首相はウイルスの働きを抑える「中和抗体」を使った治療薬を投与できる宿泊療養施設を全国に整備する方針を表明。「患者の重症化を何としても防いでいきたい」と強調した。
 首相が訪れたホテルには、投薬のための臨時の医療施設が既に設置されている。首相は視察後、記者団に「薬の量は十分に確保している。全ての患者が必要な医療を受けられるよう、医療体制をしっかり構築していきたい」と述べた。 

(ニュース提供元:時事通信社)