前線や低気圧の影響で、西・東日本では17日、激しい雨の降った所があった。気象庁によると、前線は18日夜には北海道付近まで北上する見込みで、北海道から九州にかけて大雨に警戒を呼び掛けた。
 西日本を中心に大雨が降り続き、土砂災害の危険度は高まっている。低地の浸水や河川の氾濫にも厳重な警戒が必要。暖かく湿った空気が流入し前線の活動は活発になっているが、19日ごろから次第に弱まる見込みだ。
 和歌山県日高川町では、午前7時すぎまでの1時間に79.5ミリの非常に激しい雨が降った。高知県馬路村では午後3時50分までの6時間雨量が160.0ミリとなった。
 18日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、四国250ミリ、中国と東海200ミリ、九州南部と近畿180ミリ、九州北部と関東甲信、東北、北海道120ミリ、北陸100ミリ。
 その後、19日午後6時までの同雨量は、四国100~200ミリ、近畿100~150ミリ、九州北部・南部と中国、東海、関東甲信、東北、北海道50~100ミリ。 

(ニュース提供元:時事通信社)