加藤勝信官房長官は18日の記者会見で、新型コロナウイルスが変異したペルー由来の「ラムダ株」の国内初検出から公表まで2週間以上が経過していたことに関し、「厚生労働省の決めた手順に従って行われた」と述べた。その上で「コロナやウイルスに対する不安や関心を国民が持っている。それにどう応えていくのかが大事な視点だ」と語り、公表方法を改善する方針を示した。 

(ニュース提供元:時事通信社)