九州から山陰沖に前線が延び、前線上の低気圧が対馬海峡付近から北東へ進んだため、19日は四国や東海を中心に激しい雨が降った。前線の活動は次第に弱まるが、大気の不安定な状態が20日まで続く見込み。気象庁は西・東日本では大雨になる所があるとして、土砂災害や河川の増水、低地の浸水に警戒し、突風や落雷に注意するよう呼び掛けた。
 徳島県美波町では19日午前6時45分ごろまでの1時間に78.0ミリの非常に激しい雨が降った。20日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で、四国150ミリ、東海120ミリ、中国と近畿100ミリ、九州南部と関東甲信80ミリ、九州北部60ミリ。
 前線の停滞で記録的な雨量になった地域では土砂災害の危険が高まっており、引き続き厳重な警戒が必要という。 

(ニュース提供元:時事通信社)