千葉県柏市は19日、新型コロナウイルスに感染した30代女性が、入院先が見つからずに自宅で出産し、新生児が死亡したと発表した。女性は命に別条はないという。
 市などによると、女性は妊娠8カ月で、11日に陽性が判明。かかりつけの病院や県、市が入院先の調整を進めていたが、受け入れ先が見つからず自宅で療養していた。
 17日に体調が急変したが入院先は決まらず、同日夕に自宅で男児を出産。男児は搬送先の病院で死亡が確認された。 

(ニュース提供元:時事通信社)