【サンパウロ時事】ブラジル中西部ゴイアス州のイトゥンビアラで17日、新型コロナウイルスに感染した家族2人を失った24歳の男が「自分の家族にウイルスをうつした」と別の一家に復讐(ふくしゅう)し、3人を死傷させる事件が起きた。地元警察が19日、明らかにした。
 男の父親と兄弟は新型コロナに感染して死亡。男は被害者一家のせいだとして恨みを募らせたという。17日午前、被害者の職場に押し掛け銃を乱射。40歳の男性と37歳の妻を射殺し、21歳の息子に重傷を負わせて逃走した。警察が指名手配して行方を追っている。 

(ニュース提供元:時事通信社)