総務省消防庁と厚生労働省は23日、新型コロナウイルスに感染した妊婦の受け入れ先を円滑に選ぶため、医療機関のリストを作成し、消防機関と共有するよう各都道府県に要請すると発表した。消防が保健所を介さず受け入れ先を調整することも可能にする。千葉県柏市で感染した妊婦が複数の医療機関に受け入れを断られて自宅で出産し、新生児が死亡した問題を受けた措置。
 武田良太総務相は同日、臨時記者会見を開き「新型コロナに感染した妊産婦に、産科的な緊急処置が必要となった場合の受け入れ医療機関を確実に設定することが急務だ」と述べた。 
〔写真説明〕妊婦の救急搬送問題で記者会見する武田良太総務相=23日午後、総務省

(ニュース提供元:時事通信社)