内閣府は23日、北海道から岩手県の太平洋側にある日本海溝・千島海溝沿いで想定される巨大地震をめぐる情報発信の在り方について、有識者検討会の初会合を開いた。マグニチュード(M)7級の地震が起きた場合に、巨大地震発生の可能性が高まったとして、住民らに注意喚起する方向で検討を進める。
 年内にも結論をまとめ、地震による被害想定や防災対策を検討している作業部会の報告書に反映させる。 

(ニュース提供元:時事通信社)