一般市民が殺傷された四つの事件で、殺人や組織犯罪処罰法違反(組織的殺人未遂)などの罪に問われた特定危険指定暴力団「工藤会」(北九州市)のトップ野村悟被告(74)とナンバー2の田上不美夫被告(65)の判決が24日、福岡地裁であった。足立勉裁判長は「犯行は極めて悪質で、極刑の選択はやむを得ない」と述べ、野村被告に求刑通り死刑を言い渡した。田上被告は無期懲役(求刑無期懲役、罰金2000万円)とした。
 指定暴力団トップへの死刑判決は初めてとみられ、今後の警察による暴力団捜査に影響を与える可能性がある。弁護側は控訴する方針。
 両被告が問われたのは、元漁協組合長射殺▽元福岡県警警部銃撃▽看護師刺傷▽歯科医刺傷の各事件。いずれも2人の関与を示す直接証拠はなく、弁護側は無罪を主張していた。
 足立裁判長は、元漁協組合長射殺について「野村被告が首謀者として犯行を指示した」と指摘し、実行役らとの共謀を認定。「利権獲得目的で一般市民を襲撃して殺害するという犯行は極めて悪質」と指弾した。
 他の事件に関しても「組員が無断で事件を起こすことは到底考えがたい」などとし、野村被告が意思決定したと判断。その上で「動機に酌むべき余地は皆無。体感治安が著しく悪化するなど甚大な社会的影響が生じた」と述べた。
 判決によると、両被告は1998年2月、組員と共謀し、北九州市小倉北区の路上で元漁協組合長=当時(70)=を射殺。2012~14年に県警の元警部や女性看護師、男性歯科医を襲撃して重傷などを負わせた。
 野村被告は退廷間際、裁判長に向かって「全然公正じゃない。生涯後悔するよ」などと発言。地裁は裁判員に危害が加えられる恐れがあるとして、裁判員裁判の対象から除外していた。 

(ニュース提供元:時事通信社)