気象庁は24日、北海道と東北、北陸では25日にかけて大雨になる所があるとして、土砂災害や低地の浸水、河川の増水に警戒するよう呼び掛けた。
 台風12号から変わった低気圧が前線を伴い、日本海を北東へ進む見込み。暖かく湿った空気が流れ込んで大気の状態が不安定になる。
 25日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、東北150ミリ、北陸120ミリ、北海道100ミリ。
 一方、東・西日本と奄美、沖縄では25日から31日ごろにかけて晴れる日が多く、35度以上の猛暑日になる所もある見込み。気象庁は熱中症を防ぐよう呼び掛けている。 

(ニュース提供元:時事通信社)