政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は25日、衆院厚生労働委員会の閉会中審査で、夏休み明けの学校再開について「新たに学校が始まると、一度感染スピードが鈍化してもまた感染拡大があり、医療逼迫(ひっぱく)もあり得る」と懸念を示した。
 一方で「小学生にオンライン授業や休校をする必要はないと思う」とも述べ、感染防止策を講じた上での授業再開は可能と言及。大学生はオンライン授業が望ましいとした。
 このほか尾身氏は子供への感染を防ぐため、教職員らのコロナワクチン接種を進めるよう求めた。大学生らについては健康状態をチェックするアプリなどを活用して体調不良者を早期に発見し、抗原検査につなげるよう提案した。 
〔写真説明〕衆院厚生労働委員会の閉会中審査で答弁する政府の新型コロナ対策分科会の尾身茂会長(左)。右は田村憲久厚生労働相=25日午前、国会内

(ニュース提供元:時事通信社)