河野太郎規制改革担当相は29日のフジテレビ番組で、新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐり、異なる種類を組み合わせる「異種混合接種」実施の可能性に言及した。「英アストラゼネカ製を1回目で打って、米ファイザー製や米モデルナ製を2回目で打つことができれば、(接種の)前倒しにつながる」と述べた。
 接種証明書の飲食店やイベントなどでの活用に向け、政府としてガイドライン(指針)の策定を検討する考えを表明。証明書のデジタル化に関しては「おそらく年内にできる」との見通しを示した。 

(ニュース提供元:時事通信社)