東京都が渋谷区に開設した新型コロナウイルスワクチンの予約が要らない若者向け接種に希望者が連日殺到したことを受け、都がオンライン抽選の導入を検討していることが30日、分かった。31日は従来通り現地で抽選券を配布するが、9月上旬以降、オンラインに変更する見通し。抽選券を受け取りに会場まで足を運ぶ手間を省き、人の流れを抑制する。
 予約不要の若者向け接種は今月27日から渋谷区立勤労福祉会館で始まったが、早朝から多くの希望者が集まった。都は先着順から抽選制に切り替えたものの、現地で抽選券を受け取る必要があり、若者から不満の声が上がっていた。 

(ニュース提供元:時事通信社)