経済同友会の桜田謙悟代表幹事は31日の定例記者会見で、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種義務化について「もう少し詰めた議論をしないといけない」と述べた。経済活動の回復に向け、義務化を含めワクチン接種を早く行き渡らせることが重要だとの考えを示した。
 桜田氏は「何を義務化して、何を個人の自由に任せるのか、国民が関心を寄せていることこそ深く議論をして、義務化やワクチンを受けた方に高いインセンティブ(動機付け)を与えようという議論があってもいい」と述べ、接種証明の活用も求めた。 

(ニュース提供元:時事通信社)