日本商工会議所の三村明夫会頭は2日の定例記者会見で、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を促すため「接種した人がメリットを得られるようなインセンティブ(動機付け)があった方がいい」との考えを示した。ワクチン接種者はイベントへの参加を可能にするなどの具体例を挙げた。
 三村氏は「コロナ(禍)は単純には終わらず、長くかかることを考えると、インセンティブも併せて導入し、接種率を高めることが必要だ」と強調した。また、第三者により感染対策が確実に講じられていると認められた飲食店には、営業時間延長や酒類の提供を容認するなどの対応も必要との考えを示した。 
〔写真説明〕記者会見する日本商工会議所の三村明夫会頭=2日午後、東京都千代田区

(ニュース提供元:時事通信社)