河野太郎規制改革担当相は4日、新型コロナウイルスのワクチン接種について、希望する全国民に対して11月上旬に完了するとの見通しを示した。「11月初めごろには全員2回打ち終われるように十分なワクチン供給ができるので、少し気長に待ってほしい」と呼び掛けた。オンライン配信されたファッションイベントに寄せたビデオメッセージの中で述べた。
 政府は「10月から11月のできるだけ早い時期」の2回目接種完了を目標に掲げており、これに沿ったもの。河野氏は現在の接種スピードを1日当たり約120万回だと説明し、「だんだんみんなが打ち終わると、予約なしでも打てるようになってくる」と語った。 

(ニュース提供元:時事通信社)