【シドニー時事】オーストラリアのテハン貿易・観光・投資相は6日、外国人記者団とのオンライン会見で、日本からの渡航者に義務付けている入国後14日間の隔離措置について、年内に撤廃されるとの見通しを示した。新型コロナウイルスの状況次第としているが、12月に隔離が免除されれば約1年半ぶりとなる。 

(ニュース提供元:時事通信社)