【ハノイ時事】ベトナム南部カマウ省の人民裁判所は6日、新型コロナウイルス感染拡大防止の隔離規則に違反し、「危険な感染症を他人に感染させた」罪で20代の男に懲役5年の判決を言い渡した。国営ベトナム通信などが報じた。
 この男は3月からホーチミン市内の卸売市場で働いていたが、新型コロナの感染拡大で職場の営業が休止となり、7月2日にカマウにバイクで帰省。翌3日に地元当局から21日間の「自宅隔離措置」を受けることを指示されたが、これを順守しなかった。
 男は同7日に新型コロナへの感染が確認された。その後、男が感染源とみられる新型コロナ患者のうち1人が死亡したという。 

(ニュース提供元:時事通信社)