【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)加盟国は8日の大使級会合で、新型コロナウイルス対策をめぐり、日本など6カ国をEUへの不要不急の入域を原則禁じる規制措置の適用対象とすることに合意した。感染の拡大状況を踏まえた。AFP通信が報じた。
 日本がEUの「安全国」リストから外れるのは約3カ月ぶり。週内にも正式決定する。実際に入国を制限するかどうかはEU各国が個別に判断する。適用されれば日本からの観光目的での渡航は原則的にできなくなる。 
〔写真説明〕にぎわいを取り戻してきた欧州連合(EU)の観光地=8月15日、南仏ニース(AFP時事)

(ニュース提供元:時事通信社)