【ソウル時事】朝鮮中央テレビなどによると、北朝鮮は建国73年となる9日未明、平壌の金日成広場で閲兵式を行った。民間防衛組織の労農赤衛軍などがパレード。弾道ミサイルなど戦略兵器は登場しなかった。対外的なメッセージより国内の引き締めに力点を置いた形だ。
 金正恩総書記が出席したが、演説は李日煥書記が行った。李書記は「防衛力を絶えず向上させる」と述べたものの、「核」など戦略兵器には触れなかった。「今後も一心団結の威力で現在の難局を打開し、社会主義建設の新たな高潮期、激変期を開く」と国内向けの内容に終始した。
 5年ごとの節目の年以外の記念日に閲兵式を行うのは異例だ。行進には水害復旧に尽力した部門や肥料生産の企業所、防護服に防毒マスクを着けた防疫部門など民間の防衛組織が登場。経済制裁や新型コロナウイルス対応の長期化で疲弊する中、国民の不満をなだめ、忠誠心を高める狙いがあるとみられる。8月の米韓合同軍事演習に対抗したミサイル発射を見送ったのに続き、米韓へのけん制は自制した格好だ。
 北朝鮮は最近では昨年10月10日の朝鮮労働党創建75年、今年1月の第8回党大会の後に軍事パレードを実施。新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)や新型の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を披露した。
 一方、壇上には、金総書記と共に、最近選出された朴正天・前人民軍総参謀長を含む政治局常務委員らが並んだ。 
〔写真説明〕9日、平壌の金日成広場で建国73年を記念したパレードに出席する北朝鮮の金正恩総書記(中央)=朝鮮中央通信が配信(ロイター時事)
〔写真説明〕9日、北朝鮮の朝鮮中央通信が公開した平壌の金日成広場での軍事パレード(ロイター時事)
〔写真説明〕9日、平壌の金日成広場で行われたパレードに出席する北朝鮮の金正恩総書記=朝鮮中央通信が配信(ロイター時事)

(ニュース提供元:時事通信社)