【ニューデリー時事】アフガニスタンのイスラム主義組織タリバンは9日の声明で、暫定政権のハッカニ内相代行らタリバン幹部について、国連や米国に制裁指定の解除を要求した。
 米国に対しては、制裁や指名手配リストへの指定が昨年2月にタリバンと結んだ和平合意に反しているとして「最も強い言葉」で非難。すべてのタリバン構成員をリストから外すことは「正当な要求だ」と主張した。
 アフンド首相代行とハッカニ氏は国連の制裁対象。また、ハッカニ氏はテロで米国人を殺害したとして、米連邦捜査局(FBI)が1000万ドル(約11億円)の報奨金を懸け、行方を追っている。 

(ニュース提供元:時事通信社)